忍者ブログ
日々の出来事や小説や漫画、アニメについて書いていきたいです!
[82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幕末機関説いろはにほへと 第19話「赫逆の五芒星」

19話!一座の皆も再び集結したり太夫も出て来たり…面白かったです!凄く面白かったんですけど…切ない(泣)
何がって…折角!折角今回は恩田さんの神作画なのになんで耀次郎も(ちょこっと出たけど)神無さんも出ないんですか…!(涙)あああああ楽しみにしてたのに…恩田さんの神無さんが心の底から見たかったです!
そして主人公がキャストにいないという恐ろしい事態が発生!(笑)

今回一番驚いたのは…て、鉄くんー!!?ええええっ不意打ち!まさか出るとは!可愛いし!お声は進藤さんだし!





前回のダイジェストで耀次郎…ルーク(涙)とまた凹みつつ本編。あの海に落下する耀次郎は新規ですよね?美人さんだった!思わずキャッチしに走りたくなるくらいに!!(笑)

☆聖天様と新佐さん
耀次郎のことが報告されたようです。ええとあの報告に来た人は誰なんでしょう?里の人?新佐さんは耀次郎のこといつも心配してますね(親目線)ちゃんと心配されてる!となんか嬉しくなります。

☆赫ちゃん
前回の予告でやけに元気に復活してたのでえ?と思ってたんですけど…そんなことはなく。
うなされながら泣き叫ぶ姿が痛々しいです(泣)自分を責めて責めて。やっぱり当然だけど当の本人が一番ショックで!
思いを寄せていてやっとのことで同行を許して貰ったのに、その相手を意識がなかったとはいえ背後からばっさりですからね…。あのお医者様(凌雲先生)も有名な人なのかな?今回は名前しか知らない人とか初めて名前聞いた人とか…(もっと歴史に詳しければ!)そして船は蝦夷に…。

☆市村鉄之助
土方さんの隣に惣之助くんぐらいの年の少年がいるな~と思ったら鉄君!!ほんとにびっくりで!まさか出るとは思わなかったよー!
『PEACE MAKER』読んで鉄君のこと好きなので名前が出た時「鉄君ー!?」と本気で叫んだ恥ずかしい奴は私です…(誰も家にいなくて良かった!)そして鉄君が可愛過ぎてそわそわしました(笑)

☆ついに五稜郭
榎本さん達は五稜郭を拠点に新政府軍を迎撃することに。相変わらず土方さんがかっこいいです~!!
さらに松前藩を攻略に乗り出すことに。

☆箱館病院
赫ちゃんは船を降り箱館病院に。
その赫ちゃんの世話を頼まれたのが鉄君のようで!
「何故私が女の世話など!ましてやあんな旅役者風情の!」
と土方さんに不満を漏らす鉄君が可愛い。
「嫌なら他の者にやらせる。俺の身の周りの世話もな」
土方さんに言われて慌ててるのも!仕事なくなったら困っちゃうもんね鉄君!
赫ちゃんは榎本さん達に同道していることになってるんですね。やっぱり覇者の首が憑いてる榎本さんとしてはあの白い月涙刀が近くにあった方が都合がいいんでしょうし。
土方さんと鉄君の会話が好きです!まさかいろはでこの主従の会話が聞けると思わなかったので!!でもこの先の展開を考えると切なく…!(涙)土方さんとの別れとか。
赫ちゃんに食事を運ぶ鉄君。赫ちゃんの刀を見て「女のくせに」と。おおおお鉄君!そういうことは口に出しちゃいけないよ!でも可愛いからいいや!(ぇ)
食事に手を付けてない赫ちゃんを咎めるも、赫ちゃんの横顔につい見とれて赤くなって…何だこの純情少年!?可愛い過ぎる…!(もう可愛いしか言ってない)
刀のことを聞かれて泣き出してしまった赫ちゃんにおろおろするところとか!
鉄君いきなり出てきて凄く出張ってるので前回のルークを思い出してまさかさっそく…!?とか心配になったんですけどよく考えたら(歴史的に)まだ大丈夫…!
病院の外では出て行こうとする患者さん達を必死に止める凌雲先生の姿が。医者だから敵味方なんて関係ないと言っても、あそこに元々居た人から見れば突然やって来た榎本さん達は敵なんですね…。

☆不知火
お久し振りの不知火!!やっぱり太夫のこと追ってきたんですね~。久しぶりに不知火見て和みました(笑)
似顔絵を持って道行く人に太夫のこと聞いてますが…あの絵じゃ分からないんじゃないかな~と思ったり(汗)あの時代の絵としてはとてもリアルですけど!!

☆赫ちゃんと蒼鉄先生
鉄君がまた食事を持って行きますが部屋に赫ちゃんの姿はなく…。
その頃赫ちゃんは断崖に立って海を見つめてます…耀次郎の海好きが移ったのかと(笑)
白い月涙刀を捨てようとすると…蒼鉄先生ー!?わわわ目立つ!思わず吹き出してしまった…!(笑)というか何故そんな所に!(聞くだけ無駄ですか)
「その刀から逃れるつもりか?座長。例えそいつを捨てた所でお前さんの宿命は消えはしないぞ」
「でも…でも私の宿命は秋月様と一緒に…!いえ…そうじゃなかった…私は、この手でこの刀で…秋月様を…!」
やっぱり赫ちゃんが選ばれたのにはきちんと意味があるんですよね。赫ちゃんが耀次郎の宿命=自分の宿命って言うと違和感があってどうも気持ち悪くて仕方ないんです。何でそう思うのかという確たる描写がないからだと思うんですが。
でも自分が耀次郎を斬ってしまったことで、そうではなかったと思っているようで。二人とも首に関わる宿命には間違いないんでしょうけど!
失意に座り込む赫ちゃんに耀次郎が生きていると告げる蒼鉄先生。何で知ってるの!?と思ったんですが立ち去る時に
「そうであってくれねば困る。この私としてもな…」
って先生確信もないのにそんなこと言って…!!(汗)
でも耀次郎を殺してしまったと思っていた赫ちゃんにとっては、先生のこの言葉は大きな希望です。
「二人とも生きて知らねばならんのだ。おのが宿命の真なるを。必ずその時が来る。それはその刀も承知しているはずだ」
二人とも生きていてもらわないと困る…ということは、先生の筋書きにはまだ二人の存在がこの先も必要だってことのようで。やっぱり前回耀次郎が斬られて海に落ちたのは予想外だったのかな(その割には見てただけでしたけど!)やっぱり先生の目的が分からないです。
この場面で先生にうっかりときめきそうになったのは作画の美しさのせいにしておきます(笑)でも今回先生が異常にかっこよく見える…!
一人崖の上に立つ赫ちゃんを見つけた鉄君は赫ちゃんが死ぬつもりだと勘違いしたようで!(前にも和尚さんに勘違いされてたような…)
「やめろー!お前!死ぬなー!」と叫びながら走ってきて二人一緒に転ぶとことか可愛いよ~!和む!
「私は死にません。自分で自分を殺したりしません」
「生きてこの宿命の導く先を待つ、あの人と共に」
という新たな決意をして立ち直った赫ちゃんを見れて良かったです。やっぱり赫ちゃんには落ち込んだままより、落ち込んでもそこから立ち上がる強さを持った女性であって欲しいと思うので(それでも耀次郎と共に…なんだとは思ってしまったんですけど)
ここで流れる挿入歌素敵です!(初ですよね?)

☆一座箱館に
不知火に続き他の皆も箱館に上陸。
榎本さん達を狙う者達がお店で話合ってる近くに不知火が!?あなたそんな所に!(笑)話聞いてたのかな?何のことかさっぱりだろうけど。
お店を出ようとした不知火に声をかけたのは…太夫!!不知火会えて良かったね!
座頭達も蒼鉄先生から届いた手紙を手に先生を訪ねます。
紅丸が厠の場所が分からなくて一人迷っていると蒼鉄先生発見!!涙ぐみながら「先生~!」と抱き付く紅丸が可愛い!!その紅丸を微笑みながら抱き留める先生にうっかりときめいてしまったような…!あわわ大変!(笑)今回先生にドキッとしてしまうシーンが多いのは何でだろう!?
紅丸を見る目が凄く優しい気が…あれ?おかしいな!先生がいい人に見える(笑)きっとあの笑顔はうさん臭いな~と思うのが正解なんでしょうけど!ぎゃー!もしや罠に掛かった!?騙されてる?(笑)
座頭との会話とかを聞いて、先生は一座の皆を担いだことはないかもしれませんが思いっきり利用はしてるかと思います!今回も裏があるのは確実だと思うんですけど、あそこで一座に見切りをつけなかったのは先生の優しさもあるのかな…とか思ったり(何で私は先生を擁護してるんだろう?)
一座を集めたのはやっぱり一芝居うつためのようで!でもまだ面子が足りないと…先生はほんとに何を考えているんだろう?赫ちゃんが箱館にいることも一座の皆に伝えます。

☆遊山赫之丈一座
凌雲先生が泣いている子供を必死にあやそうとしていると、外から赫ちゃんが子供達を集めて鞠をつきながら歌う手鞠歌が聞こえてきます。こういうお姉さんな赫ちゃんも素敵だなと思います。赫ちゃんも笑顔でほんとに立ち直ったようで!
そんな穏やかな空気を破ったのは榎本さん達が病院に来ることを聞きつけて襲撃に来た遊軍隊!!
そこに視察が取り止めになったことを伝えに鉄君が…!遊軍隊の人に取り押さえられ斬られそうになった鉄君を助けたのは…赫ちゃん!!
ええええっ!凄い!赫ちゃん強いですよ!?しかも今回は正気ですよね?何でいきなりこんなに強くなってるんだろ…。赫ちゃんはやっぱり舞うように刀使いますね!!かっこいい!
そこに駆け付ける一座の皆!芝居調な登場が懐かしいです!
高松先生は蒼鉄先生が病人の治療のためを思って一座を呼んだと思ったようですが…多分というか絶対違うかと(笑)あれれ?こんな所で先生の株が上がってる!

☆榎本さん
福山へ降伏勧告のために送った使者が斬られたことで、こちらから仕掛ける口実ができたと…蝦夷を完全平定するおつもりのようです。今回も相変わらず黒いお顔!

☆耀次郎は…
陸奥国に流れ着いてました…(泣)あああああ誰にも拾ってもらえなかったんですね!神無さんに拾ってもらえるんじゃないかと信じてた私はどうすれば!?(しかも神無さん出番ないし!涙)
ずっと一人で流されてたんだ…と思うと切な過ぎる(涙)あんな状態になっても月涙刀離さなかったんですね…。
でもどうやらあの子に助けてもらえそうなので良かったです!ああもうほんとに誰か早く彼を拾って下さい!(土下座)場所教えてくれたら私が行ってもいいぐらいです!

次回予告も聞いてて切なくなりました。耀次郎には「永遠の刺客」としての使命が全てだったんだなぁと。きっと自分自身のことなんて考えたことないんでしょうね!(泣)
そしてチーム神無はいずこに!ルークを失って…(涙)クイーンがどうしているかとか。次回は是非出番を!(神無さん!!)
でも今回神無さんも耀次郎も出なかったのにそこまでどん底に感じなかったのはきっと鉄君のおかげです!何だろう、予想外にときめきが止まらないんですけど!(笑)
PR
 
こんばんはっ!!
葉月さん こんばんはっ!!
遂に、箱館に主要メンバーが勢揃いしちゃいましたねっ!
やっぱり全員揃うと賑やかで良いです(笑)

鉄之助君!! 私も「PEACE MAKER」読んでるので反応しちゃいました(笑)
そう言えばクロガネ5巻で連載止まったままで別の連載やってますが・・再開はあるのかな? と、関係無い事を語ってしまってスミマセン(汗)
鉄之助君には活躍してもらいたいですね!

赫乃丈はとりあえず元気になりましたね、白い月涙刀で戦っていた姿がカッコ良かったです♪
後は耀次郎と再会した時の事が心配ですね・・・

ルークを失ったクイーンがどうしてるのか気になりますね・・
かなり落ち込んじゃってるんじゃないかなと思います・・ 任務失敗しちゃって、仲間も失って・・で、パークスさんにネチネチと言われてなければ良いですね(汗)

次回は・・耀次郎の永遠の刺客として生きてきた過去がわかるのでしょうか? 生い立ちなんかも気になる~!

ではではっ!!
流架 URL 2007/02/18(Sun)21:25 編集
流架さんこんばんは!
コメントありがとうございますv

>遂に、箱館に主要メンバーが勢揃いしちゃいましたねっ!
皆集まりましたね~!!
やっぱり赫ちゃんは一座の皆と居る時が一番生き生きしていて好きです!

流架さんも「PEACE MAKER」読んでいらっしゃるんですか!?
わわわ同士ですね~!読んでる方は鉄君に反応せずにはいられないですよ(笑)
ほんと5巻で連載止まってしまっていて!しかもあんな気になる所で…(泣)早く再開して欲しいです!
関係ないなんてそんな!漫画大好き人間なので大歓迎ですよ♪(笑)

>鉄之助君には活躍してもらいたいですね!
はい!是非とも活躍してもらいたいです!
ほんとに可愛すぎて予想外にツボにきたので、来週からも出てもらわないと困ります(笑)

赫ちゃん元気になってよかったです。
今回戦う姿がかっこよかったです。しかし赫ちゃんって素であんなに強いんですかね…?
今まで守ってもらう描写ばかりだったのでいきなりでびっくりです。

>後は耀次郎と再会した時の事が心配ですね・・・
そうですね。耀次郎は裏切られたように感じていると思いますし…。

そしてクイーン心配ですよね。
双子のお兄さん失ってしまったわけですし…(涙)
パークスさんにネチネチ…言われていそうで怖いです(汗)
今回の任務の失敗の責任はやっぱり司令官の神無さんが取らされるのかなと思うと…。

予告が耀次郎自身の事について語られそうな感じでしたよね!
耀次郎の生い立ちも謎が多いので(というか登場人物皆そうですけど!)来週が楽しみです!

それでは!
葉月  2007/02/19(Sun) 20:42
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
幕末機関説いろはにほへと 第19話『赫逆の五芒星』
運命の月涙刀は相方の宿主を斬って捨てた。 望むと望まざると。 そしてまた刀は別れる。 海を挟んで。 舞台は箱館。五稜郭へ。 耀次郎を危めた赫乃丈は榎本艦隊の船上で目覚める。 赫乃丈は客分として召抱えられたらしいが 自責の念に駆られる赫乃丈に手を差し伸べたのは、..
URL 2007/02/18(Sun)04:25:55
「幕末機関説 いろはにほへと」 第19話「赫逆の五芒星」
秋月と遊山の運命とは?そして、戯作者・茨木の真意とは?あ、始まり~始まり~
URL 2007/02/18(Sun)17:34:59
幕末機関説 いろはにほへと 第19話「赫逆の五芒星」
『そうであってくれねば困る、この私としてもな――』 『生きてこの宿命の導く先を待つ、あの人と共に――』 遂に舞台は北の地、蝦夷へっ!! 今回は耀次郎の出番が・・・ほとんど無かった(涙) 左京之介の出番も無かった・・
URL 2007/02/18(Sun)21:25:00
「幕末機関説 いろはにほへと」 第十九話「赫逆の五芒星」
 遂に箱館上陸を果たした榎本艦隊。耀次郎を斬ってしまったことで心に深い傷を負った
URL 2007/02/22(Thu)00:56:21
[82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
葉月
性別:
女性
職業:
マイペースな社会人
趣味:
読書
自己紹介:
漫画と小説とアニメが好きなどこにでもいそうな社会人です。
ここでは本とかアニメとか映画とかその他色々自分の好きなものについて語っていけたら幸せだなぁと思います。
現在のブームはおお振り!!
リンクフリーです!ご連絡頂けましたらよろこんでお伺いします♪
最新CM
[04/07 かすみ]
[02/09 ゅぅゃ]
[09/20 流架]
[05/23 流架]
[05/04 流架]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © 『月の気球』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]