忍者ブログ
日々の出来事や小説や漫画、アニメについて書いていきたいです!
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幕末機関説いろはにほへと 第20話「波浪ありて」

主人公復活の第20話!!耀次郎やっと拾ってもらって手当てして貰えて良かったよ…(ホロリ)
ああでも神無さんは何処に(泣)これ毎回言ってていい加減鬱陶しいとか思われそう…(汗)でも大好きなんだから仕方がない!!(開き直り)

今回は感想さくさく行きます!!



☆耀次郎
前回の最後に耀次郎を発見したあの女の子とお母さんに拾われました。家に運んで貰って手当てして貰えて良かったね耀次郎!!
寝かされて手当てしてもらって傷が痛むのか呻いている耀次郎が妙に色っぽく見えてあわあわしてしまったのはきっと私だけではないはず…っ!(笑)私は間違っていないと信じてます!
耀次郎も赫ちゃんに斬られるなんてまさか…っ!といった感じで予想外ですよね。あの女の子が外で鞠をついてるのを聞きながら赫ちゃんのこと思い出し辛そうにしていたり…耀次郎にとったら物凄いショックだったんだろうなと改めて(涙)耀次郎がちゃんと赫ちゃんのこと見てたんだということにも驚きましたが、あの赫ちゃんの豹変も怖かったです…耀次郎にはあんな風に見えてたんですね(あれ間違いなくトラウマになってるかと!汗)
そしてあの手鞠歌!今回もあえてあの手鞠歌の場面を思い出すのにはやっぱり何か訳があるんですよね?それが気になって仕方ないです!
耀次郎は少なからず赫ちゃんには心を開いていたのかな…と思うんです。そういうこと色々考えると耀次郎は今回のことで、前にも増して無愛想に他人に対して一線を引いてしまうんじゃないかと心配になったり。
赫ちゃんはあの時刀に操られてたから耀次郎を斬ってしまったんだ、ということを本人知らないはずなので絶対に誤解してるでしょうし。
次に二人が顔を合わせる時どうなるかが怖いです。やっぱりそれがあのOPラストのような対峙に繋がってるのかな?二人が顔を合わせたとしても、赫ちゃんの持つ白い月涙刀が首を守る役割(?)をしてしまう以上一緒には居られないし…(また斬られる!汗)あわわわこの先展開が暗くなっていきそうな!歴史の流れから見ても辛い展開かと思うと(涙)
前々回に(もう何でも知ってそうな)蒼鉄先生が言っていた「己が宿命の真なるを知らず…」というお言葉のように「永遠の刺客」には耀次郎自身がまだ知らない役割があるのかな?
今回あのお母さんと話したことで耀次郎自身も自分の「永遠の刺客」としての宿命を見直す良い機会になったようです。耀次郎はほんとに自分の宿命を憎んだことも嫌ったことも恨んだこともなくて生きていく上で当たり前のように一緒にあって、あえてそれを疑ったりすることをしないかわりに、きっと知ろうとしたこともなかったんだろうな…と。
そんな耀次郎に考えさせることができたのはあのお母さんだからこそだと思いました(このお母さんが凄い強いよな~と今回見ながら思っていたり)
あれが一座とか知人の誰かだったり、ましてや神無さんだったりしたらありえないですよね。耀次郎のことを知らない首とも全く無関係の人だからこそ出来たことかなと。直接耀次郎の「宿命」の話ではなく「戦」とか「海」とかそういう別のものですけど、それに対するお母さんの考えを聞いたことで耀次郎も自分のことを考えるきっかけになったと思うので。

あの女の子が海に落ちたと分かった時あんなに荒れている海に助けに入ろうとして…やっぱり耀次郎はそういうのを放っておけない優しい子ですね~!多少向こう見ずなところはありますけど!(あの状態で海に入るなんて!汗)
ここで「命を何だと思ってる!」と凄い剣幕で怒られたのも耀次郎にとったらとても新鮮な経験だったんじゃないかなと思ったり。今までそんなこと言ってくれる人いなかったでしょうし。

☆今週の旧幕府艦隊は…
蝦夷を完全平定しちゃいました!!
福山城を攻める時凄い雪でしたね…あまりにも凄い吹雪っぷりに榎本さん達よりそっちが気になりました(笑)
そして榎本さんは今週も相変わらず絶好調!!もう榎本さん(首)何でもありですか!?天候でさえ操っていたような気がしたのは私の気のせいですか?
しかし大砲ってあんな所まで届くもんなんですね…。あ!それとも榎本パワーですか(笑)だったらもう向かう所敵なしだと思うんですけど!!
土方さんも相変わらずかっこよくて鉄君(良かった!出てきた!)が可愛くて…そわそわしました(笑)鉄君の戦慣れしていないようなところとか!鉄君のあの刀しょってる所が大好きなんですよ!!あわわわわ可愛すぎる…!!(笑)
榎本さんのありえないだろ!?という的確な砲撃に助けられ、土方さん先頭きって突っ込んであっという間に城を占拠!!
「旗を持て!鉄之助!」
にときめきました!かっこいいや土方さん!土方さんの後に付いてる鉄君が子犬みたいで可愛いです~!!この二人が素敵すぎる!
蝦夷を完全平定したことで遂に蝦夷共和国成立…各々の役職も決まったようです。
そして蒼鉄先生!あれ?何でそんな所に!?とポーズを取っているとしか思えない蒼鉄先生には思わず笑ってしまいましたけど(笑)また胡散臭い先生に戻っていたような!でも前回の先生見ちゃったせいか目的はいまだに謎なんですけど、悪い人にはどうしても見えないんですよね…。実際悪い人ではない気がします。

☆赫ちゃん
赫ちゃんは戦が激しくなり増えた負傷者の治療を凌雲先生の病院でお手伝い(一座の皆は何処に…芝居の準備とか?)
赫ちゃんに対して凌雲先生が「鉄さんなら大丈夫だよ~」と言ったのが非常に気になるんですが!!ええええ何で!?凌雲先生が勝手に(二人はできてるとか)勘違いしてるだけ?(笑)それとも空白の半月の間世話係をして仲良くなったとか?教えて下さい…気になります!!
そして敵味方なく治療をしていたが故に箱館病院内で斬り合いが始まりそうに!それを諫める赫ちゃん。前回に引き続きかっこよかったです!!抜き身の刀相手に割って入るって!かっこよかったんですけど…赫ちゃんいきなり強くなりすぎではないですか?元々芯の強い人ではあったと思うんですけど、前回も普通に刀で戦ってたり今回二人を腕力で押さえた?いやいやまさかそんな…(汗)
最後赫ちゃんの白い月涙刀が白く、耀次郎の月涙刀が青く光っていましたが…これで赫ちゃんは耀次郎が生きてることを確信できたりしたのかな。

前回は赫ちゃんの新たな出発で、それに対する今回は耀次郎…といった感じでお話はあまり進展してない感じでしたが、心理的な面では大きな回でした。
そういえば榎本さん達が松前藩攻略に乗り出す半月前に耀次郎が流れ着いたようで…ということは耀次郎は半月ほどあの親子のお家にお世話になってたんですね。元気になって良かったよ耀次郎!
やっぱり主人公なんだから耀次郎いないと駄目ですね!!
次回は新キャラ黒田さんも出るようですね!でも最近歴史的な部分に付いていけなくなってきてるのが大変もどかしいです…!!
そして神無さんプリーズ!!次回こそはー!!(切実)






PR
 
こんばんはっ!!
葉月さん こんばんは♪
TB失礼しますっ!

とりあえず、耀次郎がちゃんと拾ってもらい 手当てしてもらえた事が嬉しかったです!
あの女の子が放置したままだったらどうしようかと・・(笑)

しかし、包帯グルグルで呻ってる耀次郎は色っぽかったですよねっ!!私が側で看病したいくらいです(コラ!)
無事に回復してくれたようで嬉しいですが、赫乃丈との再会が怖いですね・・やはりOPラストとのような再会になるのでしょうか?耀次郎が赫乃丈に「近寄るな!」みたいな・・?(汗)
気になりますね・・!

で、榎本さん・・と言うか『首』のチカラは凄いですね、ますます恐ろしくなってきました(汗)
「いろは~」もラストが近くなってきましたね、ではでは失礼しました!
流架 URL 2007/02/25(Sun)21:45 編集
流架さんいつもコメントありがとうございますv

耀次郎ちゃんと手当てしてもらえて、そこまで重症じゃなかったようで安心しました。
あれだけで済んだのは聖天様が仰っていたように「永遠の刺客」としての耀次郎の宿命が守ったんですかね…。

ヒロインより色気がある主人公って一体…もちろん大歓迎なんですけどね!(笑)
私も耀次郎だったらつきっきりで看病したいですよ~!

>赫乃丈との再会が怖いですね・・
ホントですよね!耀次郎絶対勘違いしてるはずだし。
そして相当トラウマになってるっぽいですし(汗)

>『首』のチカラは凄いですね、ますます恐ろしくなってきました(汗)
『首』はもう何でも有りですね!
どんどん凄いことになっていっている気がします!!

いろはも残り6話ですね…終わっちゃうのは寂しいですけど、どうなっていくのか楽しみです!!

それでは!
葉月  2007/02/27(Sun) 21:14
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
幕末機関説 いろはにほへと 第20話「波浪ありて」
「己が宿命の真なるを知る事なら・・ そこからなら――」 耀次郎 復活――っ!!! やっぱり耀次郎が居ないとね!(笑) 本日より、第20話「波浪ありて」配信です! 感想は続きからどうぞっ!! 幕末機関説 いろはにほへと
URL 2007/02/25(Sun)21:45:52
「幕末機関説いろはにほへと」第20話
第二十話「波浪ありて」(3月9日正午まで配信)「覇者の首」が取り憑いた榎本武揚率いる旧幕府軍は、蝦夷での支配権獲得のため、遂に松前城攻略の火蓋を切って落とした。最果ての地に流れ着いた旧幕府軍は、「共和国」の樹立を宣言。総裁となった榎本武揚の傍らには、世...
URL 2007/02/26(Mon)05:27:28
「幕末機関説 いろはにほへと」 第20話「波浪ありて」
今までを振り返った秋月耀次郎
URL 2007/02/28(Wed)00:16:31
「幕末機関説 いろはにほへと」 第二十話「波浪ありて」
 陸奥国岩磯村に流れ着き、漁師の妻子に世話を受ける耀次郎だが、赫乃丈に斬られた記
URL 2007/03/03(Sat)00:24:06
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
葉月
性別:
女性
職業:
マイペースな社会人
趣味:
読書
自己紹介:
漫画と小説とアニメが好きなどこにでもいそうな社会人です。
ここでは本とかアニメとか映画とかその他色々自分の好きなものについて語っていけたら幸せだなぁと思います。
現在のブームはおお振り!!
リンクフリーです!ご連絡頂けましたらよろこんでお伺いします♪
最新CM
[04/07 かすみ]
[02/09 ゅぅゃ]
[09/20 流架]
[05/23 流架]
[05/04 流架]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © 『月の気球』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]