忍者ブログ
日々の出来事や小説や漫画、アニメについて書いていきたいです!
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幕末機関説いろはにほへと 第23話「箱館はあかく」

23話感想です・・・ええと、もうどうしたらいいか本気で分からないという・・・(涙)神無さんが可哀想過ぎて!!神無さん回だと期待していて確かに神無さん回で作画美人さんで神無さんいっぱい~v(コートに戻った!)だったんですけど・・・ううう素直に喜べない(まさかこんな展開がくるとは思わず・・・泣)もうほんとに神無さんを誰か救ってやって下さい・・・!何であんなに不幸なんだろう!?そしてクイーン・・・(涙)
残り数話で一体この物語は最終的にどこに行き着くのか。



☆チーム神無パークスさんに叱られる
叱られるとかのレベルじゃ…!
榎本さん暗殺作戦を遂行できなかったことでチーム神無はパークスさんによって階級を剥奪されてしまいます。ベリベリと剥がして嫌味を言うパークスさんに怒りが…!
チェス3人は本国に送還。でも神無さんは好きにしろと…うううパークスさん神無さんにあんまり酷いこと言わないでっ!扱いが酷過ぎる!英国を選んだのに見捨てられてしまったらほんとに居場所が…帰る場所が…(泣)
パークスさんの言葉を淡々と聞いてる神無さんが…おおお(涙)

☆神無さんとクイーン
時計に入れてあるお母さんの写真を見つめる神無さん。
13話の耀次郎が赫ちゃんの上に庇うように覆い被さっているシーンを思い出してますが…あれ?思いっきり脚色されてませんか?(汗)えっ、赫ちゃんあんな悪い笑み浮かべてなかったですよね…?(それとも視聴者には見えなかったけどあんな顔してたとか?わわだったら赫ちゃん…汗)
一方クイーン。双子のお兄さんルークを亡くしたショックで泣きながらお酒呷ってます…。
「すまなかった…」
謝った!?(驚)ちょっと意外でした…そして神無さんはルークとクイーンが兄妹だと知らなかったんですね。神無さんは自分が家族からの充分な愛情受けてきてないのもあって、親とか兄弟とかそういうことには敏感そうです。
「死んだ奴が悪い」
ルークのことをそう断言しても涙は流れてくる。
「痛みが…体がちぎれた…」
クイーンの言葉も切なくて…半身を失ってしまった痛みがどうしようもない(涙)クイーンもずっとルークと二人きりだったんですね…。
「俺には痛みさえ無い」
クイーンはルークを失った痛みに泣いている。でも自分は―
「女王からも見限られた…もしかしたら俺は泣いているんじゃないのか…」
「いや…」
「そうだろうな…」
…神無さん!(泣)もうこの「そうだろうな…」が切なくて切なくて!居場所を無くして、でも痛みも涙を流すことも出来なくて…神無さんは涙を流さないことでギリギリ自分を保ってる感じが。
「何があった?」
とクイーンが聞いてくれたのが個人的に凄く嬉しかったです。
「痛みを分けてあげる…」
この二人の関係は完全に傷の舐め合いで見てて痛いなと。でも例え傷の舐め合いでも神無さんは人のぬくもりに触れられて良かったのかなとか思うと…複雑です。
翌朝。神無さんの後ろにクイーンいるのかな…?と妙にドキドキ(笑)って神無さん胸元はだけてる…!わわわ大変!(私が!笑)
「榎本を殺しに行こう」
チーム神無は残されたものはこれだけと再び榎本さんを殺しに行くことに。チーム神無がやっと一つにまとまったような気がしました(ああでもこの先の展開が…)
神無さんセーラー脱いで前のコート姿に戻りましたね!懐かしい~やっぱりこっちの方がかっこいいですv大好き!(セーラーは可愛いv)

☆耀次郎は…
飲み屋さんの前で中の会話を立ち聞き。
榎本さん、赫ちゃんは「榎本様」「赫之丈様」…と完全に指導者としての地位を確立してしまったというか。皆いいように洗脳されてる!(汗)赫ちゃんの名前に反応する耀次郎。どう思ったのかな…無表情なんで分かりません。
どうも人相描き(耀次郎はそんな顔じゃありませんっ!)まで出回って指名手配中のようですが…あの口許を隠してる姿は逆に目立つのではないかと!ああでも顔隠してるんですかね…(あの格好好きですv)

☆五稜郭は忍者屋敷?(笑)
蒼鉄先生と榎本さんが二人でこそこそと何か企んでいると土方さんが!!土方さん前回首の存在に気付きましたからね…
「この土方にも隠さねばならぬことがあるというのか」
相変わらず土方さん男前です!かっこいい!蒼鉄先生のこと思いっきり不審がってます。
「そろそろ土方君にも全てをさらけ出す時が来たのじゃないかね」
ということで怪しげな入口から地下へ―
わわわ何これー!凄いですよ五稜郭!!土方さんの「このような得体の知れない拵えが…」にも激しく同意です!これ蒼鉄先生の指示ですか?だったら13話の舞台といい先生手の込んだこと好きですね(笑)
「まさか…榎本殿も貴様が拵えたか!?」
土方さん鋭い!!そして蒼鉄先生!蝋燭の火を何したんですか!?(マジック?)
偽者ではないただもう一つ首が憑いている…と浮かび上がる覇者の首。だから怖いですってば榎本さん!!(汗)この空間、まともっていうか普通の人土方さんしかいません!土方さん危ないよ!逃げてーっ!!
蒼鉄先生が土方さんに覇者の首について説明。首がこの国、日本の歴史を刻み込んできたと―
「世迷い言を!貴様嵌めたか!?あやかしで戦には勝てぬ!」
土方さんの反応は真っ当です。しかし榎本さんの迫力に土方さんも引き気味…だから何で榎本さんそんな怖い顔を!首と重なるところが怖過ぎる(震)榎本さんと先生は蝦夷を中心に日本全土、更には世界までも手中に治めたいってことでしょうか?やはり先生の目的がよく分かりません…意外に良い人なんじゃないかなとも思ったりするんですけど、今回真っ黒ですよね(汗)

☆チーム神無…(涙)
土方さん達が話しているといつの間にか何処から入ってきたのかチーム神無の姿が!!ここからチーム神無との戦いになるわけですが…これ凄く対決した人の人間性の違いがはっきり現れてたような気が!!

土方さんvsナイト
この二人は見応えが!ナイトは土方さんと思いきりぶつかりあって、負けてはしまったけれど剣士として立派に戦って逝けた最期は幸せだったんじゃないかと思います(他の人のこと考えると…)
「お主…」と土方さんナイトを認めるっぽい発言もしてますし。

蒼鉄先生vsビショップ
先生酷い…。もう何と言ったらいいか…先生えげつないですよ!!(汗)五稜郭に何であんな仕掛けをしてあるかも疑問なんですけど、それを使ってビショップを追い詰めてく先生が恐ろしい…いたぶってるようにしか見えないです(先生は間違いなくSだ!)
「近松殿には申し訳ない…道行きはごめん被ります」
…誰?近松?近松門左衛門?ちなみに私の卒論テーマは多分近松さんです(誰も聞いてない)

神無さん(&クイーン)vs榎本さん
この対決は…普通の人間vs妖怪(覇者の首)ですよ!!勝てるわけがないっていう!
銃弾やボーガンの矢は弾く、瞬間移動はする…ホントに無敵じゃないですか!?戦意も喪失しますよ!やっぱり対抗するには月涙刀しかないのかな…。
榎本さんを助けようとする土方さんを覇者の首の力を見届けて欲しい、と押し止どめる蒼鉄先生。土方さんこんな人外の戦いに巻き込まれて可哀想…。
「お前はまた捨てられる―お前の母親がお前を捨てたように。」
「許してないんだろう?憎いんだろう?何度も何度も君を捨てて行った母を…許せるはずなどないではないか」
それにしても首は記憶や人の心も読めるんですか?神無さんのトラウマを的確に突いてきて言葉攻め…(汗)精神的に追い詰められてしまう神無さん!
クイーンも攻撃が弾かれることでどんどん恐慌状態に陥ってしまい…「兄さん!兄さん!」と叫ぶ姿が!(涙)武器が壊れたことで恐怖が爆発し叫びながらその場から逃げ出すクイーン。
「どうだ?言った通りだろう?あの女もお前を捨てた…」
榎本さんのこの言葉でお母さん→赫ちゃん→女王→クイーンと思い出し…
「許すな。お前を捨てた女を、母を…殺すがいい…」
この言葉のままクイーンを撃ち殺してしまう神無さん!(涙)瞳が赤く光ったのが本当に怖かった…操られた?(汗)神無さんのお母さんに対する気持ちは思慕と、それとやはり捨てられてしまったという憎悪も大きそうです。でもお母さんが何で神無さんを置いて行ったのか分からないですよね…。
「俺は…何を…」
我にかえった後今まで流さなかった涙を流しながら叫ぶ神無さんが…もうどうしたらいいのか!(涙)辛いです…。まさかここまで神無さん突き落とされるとは思ってなかったですよ!(泣)

☆赫之丈様降臨
壁にあるレバー(だから何でまたそんなところにレバーが…)を動かすと床が上がって地上に。そこには…ええええ赫ちゃん!?赫ちゃんていうか赫之丈様!?降臨なさったとしか思えない登場の仕方。ええと、まさかずっとその芝居の服装のままだったのかな?(汗)確かに神々しくて民衆を煽動するにはぴったりですけど…。凄く綺麗なんですけどね!でも目に感情が無くて…もう赫ちゃんも戻れないとこまで行っちゃってるようにしか見えないです(汗)前の赫ちゃんに戻ってー!!
「お許しを…下さい…私は…あなたを…あなたを殺してしまった…」
涙を流しながら赫ちゃんに許しを乞う神無さん。神無さんの中では撃ってしまったのはクイーンではなくてお母さんなのかな…皆の中にお母さんの影を探し求めているんですね。欲しいのは母親の愛情。
自ら命を絶とうとした神無さんを赫ちゃんが止めてくれて良かったです…本当によかったよぉ(涙)
だってそんなことになったら神無さんに救いが無さ過ぎて私は立ち直れないです…。
「お許し下さい…私の罪を!母上様…」
赫ちゃんの靴にキスをする神無さん…。
「共に戦いましょう!共和国のために!!」
…神無さんも落ちましたね。共和国側に(涙)この異様としかいえないような状況の中、土方さんしか危機感を抱いていないのが恐ろしいです。土方さんはこの状況が異常だと思ったからこそ、この後耀次郎の元に行ったんですよね…。
残り3話しかないのにどうなっていくんだろう。赫ちゃんと神無さんはもう耀次郎が救ってあげるしか道はない気がするんですが…救ってくれるかなぁ耀次郎(汗)

こんなに神無さん不幸のどん底な話でしたけど凄く美人さんで見惚れてました…切ないとか言いつつ神無さんの涙を流す姿が綺麗だとか可愛いだとか思ってました!すみません!!(笑)

☆次回予告
土方さんが榎本さんに必死に話しかけてるのに榎本さんは「ははははは」と笑い続けるのみ…。怖っ!土方さんのことはまるっと無視ですか榎本さん?土方さんも首を斬ろうとするんですね(斬れないみたいですけど/汗)
そして次回…
「生き残ること…それこそ、お前の任務。頼んだぞ…」
…!(涙)土方さーんっ!!史実とはいえ嫌だぁ~!(泣)鉄君とのやり取りもちゃんとやってくれるんですね…嬉しいんだか切ないんだか分かりません!
まるで主人公が土方さんのような次回予告でした(耀次郎はどこ!?)

PR
 
こんばんはっ!!
葉月さん こんばんはっ!
「いろは~」も終盤にきて、凄い事になってきましたね(汗)

今回は何と言っても左京之介ですよっ!!
まさかあんな事になるなんて・・(涙)
しかし扱いが酷いですね・・ あまりに可哀想過ぎますよ・・!!
パークスにネチネチと言われた上に、榎本さん・・と言うか首に思いっきり痛い部分を突かれて・・・(涙)
もうラストの方は見てられないくらいでしたよ
左京之介・・大丈夫かな・・(汗)

しかし五稜郭の地下・・凄い事になってましたね(苦笑)
あれには土方さんだって驚きますよっ!
ますます蒼鉄さんも怪しさを増してきましたし・・(汗)
首のチカラも強くなってるような・・

そして赫乃丈がっ!! もうスッカリ榎本さんサイドに落ちちゃって・・
まるで別人ですね・・(汗)
一刻も早く正気に戻って欲しいですっ!

次回は・・・見るのが怖いですね・・
土方さーんっ!!!!(涙)
あぁ・・次回も切ない事になりそうです
ではでは!
流架 URL 2007/03/18(Sun)23:03 編集
流架さんTB&コメントありがとうございます!
今回凄かったでしたね…凄い事になりすぎですっ!(汗)

神無さんが…神無さんがっ!(涙)
今回神無さんがいっぱい出てきてくれてそれは嬉しかったんですけど、まさかあそこまで突き落とされるとは思いませんでした(泣)
あまりにも可哀想で見てるのが辛かったです…。
首とパークスさんにほんのり殺意が…!(苦笑)
精神的崩壊してもおかしくない程追い詰めやがって…!(怒りで言葉が乱暴に!)
神無さんにとってお母さんの存在がどれだけ大きいか思い知らされたというか…やっぱり愛情と同じく憎悪も抱いてるんでしょうね(汗)

五稜郭は忍者屋敷みたいになってしまってましたね!(笑)
周りに隠れてあんな仕掛けを…やっぱり蒼鉄先生が提案したんでしょうか。最近先生が良い人に見えたこともあったんですけど…やっぱり怪しさ100パーセントです!
首も銃弾弾いたり瞬間移動したり…普通の人間が相手になるわけがないですよ!!

赫ちゃんも完全に榎本さん側の象徴になってしまったというか(汗)
昔の明るく元気に舞台に立っていた頃の赫ちゃんが好きなので、私も一刻も早く戻って欲しいです!!

次回は土方さんと鉄君の別れが…嫌だ土方さんっ!(涙)切ないです!(絶対泣く…)
これからどんなことになっていっても残り3話見守りたいです!
葉月  2007/03/20(Sun) 15:29
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
幕末機関説 いろはにほへと 第23話「函館はあかく」
「俺には 痛みさえ無い―― もしかして俺は泣いているんじゃないのか?」 久し振りに左京之介登場―っ!! って、大変な事になってしまった・・・ 何だこの展開はっ!!(涙) 本日より第23話配信開始ですっ!! 感想は続きからどう
URL 2007/03/18(Sun)23:03:35
「幕末機関説いろはにほへと」第23話
第二十三話「箱館はあかく」(3月30日正午まで配信)「覇者の首」がとり憑いた榎本武揚暗殺の使命を果たせなかった神無たち特殊部隊は、パークスに階級を剥奪され、任務解除を命じられた。唯一の存在意義であった大英帝国からも見放され、途方に暮れる神無。そこには、...
URL 2007/03/20(Tue)04:59:34
「幕末機関説 いろはにほへと」  第23話「北の邂逅」
戯作者・茨木蒼鉄・・・畏るべし!  やはり、龍馬さんと性格が違います。
URL 2007/03/20(Tue)19:48:03
[100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
葉月
性別:
女性
職業:
マイペースな社会人
趣味:
読書
自己紹介:
漫画と小説とアニメが好きなどこにでもいそうな社会人です。
ここでは本とかアニメとか映画とかその他色々自分の好きなものについて語っていけたら幸せだなぁと思います。
現在のブームはおお振り!!
リンクフリーです!ご連絡頂けましたらよろこんでお伺いします♪
最新CM
[04/07 かすみ]
[02/09 ゅぅゃ]
[09/20 流架]
[05/23 流架]
[05/04 流架]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © 『月の気球』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]