忍者ブログ
日々の出来事や小説や漫画、アニメについて書いていきたいです!
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幕末機関説いろはにほへと 第21話「海峡を渡る」

今回はタイトル通り丸々一話かけて、前回見事復活した耀次郎が海峡を渡って蝦夷に行くお話。
お久し振りな勝先生や西郷さんも出て来ました~!




初っ端からいきなり耀次郎がストーンウォール号(甲鉄)に乗っていて驚きました。えっ!いつの間に?と(笑)今回時系列がややこしい気がしたんですが…(私の理解力が足りないだけかもです)

☆一座
冒頭からいきなり遡ること三月…で一座の皆が登場。皆は赫ちゃんと行動を供にしていないようですね。そして不知火の言葉から太夫は蒼鉄先生に付きっきりのようです。頑張れ不知火!(笑)でもよく考えると先生と太夫の関係も謎なような…恋仲と言われも?って感じですし。
海岸で寒い中でも元気に走り回る紅丸とこばこ。可愛い~やっぱりこの二人は癒しです!!砂浜に落ちているものを拾って、どっちが大きいか競っていたようですが(可愛い!)何と拾っていたのは弾薬!!わわわそんなもの落ちてるって!(汗)直ぐさま取り上げて海に投げ捨てる不知火が素敵です。
今は平和なこの場所もいずれ戦場になるのかもしれないと…。

☆密談
所変わって横浜では討伐隊指揮官の黒田さんと本来は敵であるはずの共和国政府の荒井さんが密談中。ええと簡単にいえば、黒田さんは長州が気に食わないからストーンウォール号を手土産にするので共和国に連れてけって言ってるんですね。

☆聖天様と新佐さんお江戸へ
聖天様達って里から出ることってあるんですね…!?(驚)東京城に訪問。
お久しぶりですー勝先生!西郷さん!西郷さんはそうでもないですけど勝先生には会いたかったです(酷)というか勝先生と西郷さんともお知り合いなんですか?普通に会話してますけど…えっ、聖天様って何者?(いまいち分かってない)
首は如何なる理由があろうと封じねばならない物、首を放っておけば東京も戦火に包まれるかもしれない―そこで永遠の刺客を蝦夷に運んではくれないか、と二人にお願いします。そこで西郷さんが力を貸すことに。
聖天様も言っているようにこれからが耀次郎の正念場ですね。

☆手鞠歌
その耀次郎は陸奥国、宮古村に。これはいつだろう…ストーンウォール号に乗る前だとしかもう分からない(汗)
そして今回一番インパクトが強かったのがこの手鞠歌のシーン。赤ん坊をあやす女の子を見つめる耀次郎から、箱館病院で子供を集めて手鞠歌を歌う赫ちゃんに移ったのが…凄く気になってまさかほんとに姉弟!?とか思ったり(汗)
そして怖かったです…!私今まで手鞠歌の歌詞って気にしたことなかったんですけど改めて聞くとこれ凄く怖い内容ですね!ここの手鞠歌と鞠をつく音や映像(六つ迎えに来ぬ母に…で何故耀次郎が映るんです
か!?)耀次郎を斬ってしまった時のことを思い出したり…何故か怖くて凄く不安になり、ぞくっとほんとに鳥肌が立ちました。この手鞠歌自体にも謎がありそうですし…気になります!
今回赫ちゃんの登場はここだけ。新たに歩き出す決意をしたものの当然ながら耀次郎のことを引きずっているようで…耀次郎との再会が怖いです(汗)
そして耀次郎は黒田さんの元へ。
「おはんが秋月か。おいを知っちょっか?」
「蝦夷共和国討伐隊総督。黒田了介様」(本日唯一の主人公のセリフ…涙)
後日蝦夷共和国に投降する際、ストーンウォール号に耀次郎を乗せるように頼まれたとのこと。これで耀次郎蝦夷に渡る手段確保!

☆蝦夷共和国
黒田さんと密談をしていた荒井さんが帰って来て、ストーンウォールで投降する黒田さんを迎えるかどうかを話し合う蝦夷共和国の幹部さん達。共和国にとっては黒田さんからストーンウォール号を受け取れば、新政府軍を迎え撃つにはこの上ない戦力。
そこに「黒田にそれを指示した黒幕がいる」と大鳥さん。黒田さん一人でできるわけがない…黒幕は西郷さん!!蝦夷共和国と薩摩が手を組めば面白いことになる…と。
「お待ち下さい。少々話が上手すぎる…」
それをいぶかしむ蒼鉄先生。賛成しかねている様子から黒田さんは共和国にはいらない、蒼鉄先生の筋書きにとってはイレギュラーな存在なんですかね。
罠かもしれないのに行く覚悟がある者…
「俺が行こう。俺が行くのなら問題はなかろう」
土方さんが名乗り出ます!わわわやっぱりかっこいいよ!土方さーん!!この時の土方さんを見る蒼鉄先生の顔が怖い怪しい(笑)

☆やっぱり罠でした!騙されたー!!
約束通り3隻の船を率いて出発する土方さん。
ストーンウォール号には耀次郎の姿も。3隻の約束のはずが2隻しかいない。判明するのは最後ですが…私は2隻しかいないのは土方さんの作戦か何かだと思ってたんですけど、ほんとにはぐれただけだったんですね!(笑)
ストーンウォールに乗り移る土方さん。
「約束通りストーンウォールを受け取りに来た。我々にはあなた方全員を受け入れる準備が整っている。心置きなく共和国に参られよ」
そんな土方さん達に対して攻撃開始…!!あああああやっぱり罠!(涙)黒田さんはおびき寄せた共和国の人々を宮古湾で殲滅、船を乗っ取って敗走のふりをして箱館に戻り油断させて一気に…と考えていたようで!!ガトリング砲まで出してきて!次々と撃たれ…きゃー土方さん危ない!!(汗)
撤退する土方さんに向けてガトリング砲が撃たれようとした瞬間―来たっ!!耀次郎来た!かっこいい…ピンチに颯爽と現れるさすが主人公!!(笑)あっという間に船乗り移ってますが…ええええ!何そのジャンプ力!!有り得ない!梯子にぶら下がってる土方さんが可哀相になります…(哀れ)
「君は…!」と驚く土方さん。それはそうだよね…目の前で思いっきり斬られて海に落ちて、まさか生きてるとは思いませんよね(土方さん見てただけだったけど…)土方さんを引き上げる耀次郎が素敵です、好きです(笑)
黒田さん、耀次郎を撃とうとするも西郷さんからの絶対に無事蝦夷に送り届けよとのお言葉を思い出しできず。激しい攻撃を受けつつもなんとか脱出。
荒井さんは責任を感じ切腹しようとしますが
「貴様死に場所はここではないはずだ」
刀を弾く土方さんがかっこいいです!!途中ではぐれたもう1隻とも合流し箱館に帰港。良かった…無事に蝦夷に辿り着けて良かったね耀次郎!!

☆次回予告
蒼鉄先生が赫ちゃんを唆してる…!?あわわ心配!赫ちゃん唆されてまた暴走しないか心配(汗)宿命のことが色々判明するのかな。

そして…神無さんが出ない、今回は鉄君も出番なし、そして主人公は(ほとんど)しゃべらない…どうしたらいいんですか!?このやり場のない思いは!?(涙)えっとこのままでは神無さんのこと中途半端に終わってしまいそうで怖いです(泣)



PR
 
こんばんはっ!!
葉月さん こんばんはっ!!

今回は耀次郎のセリフが余りに少なくてショボーン・・な感じでした・・
せっかく復活したのに・・・いや 寡黙な人も好きですけどね・・複雑(苦笑)

最近「いろは~」は時間軸が戻ったりするので、わかり難いですよね(汗)
いきなり3月前とか言われても困っちゃいます・・その間はどうしてたの!?みたいな(そこか!/笑)

海での戦いは凄かったですね!!
まさか黒田さんがあんなに悪い人だとは・・・(苦笑)
そして耀次郎のジャンプ力には思わず突っ込みたくなりますよねっ!!飛び過ぎです(笑) あれじゃ必死にハシゴ上がってる土方さんが間抜けじゃないか・・・(涙)

次回はまた何やら蒼鉄さんが・・・!
赫乃丈が暴走しなければ良いですね・・(汗)
手鞠歌の謎も気になりますし、そろそろ耀次郎と赫乃丈の関係も明らかになりそうな感じ・・? 楽しみです!
流架 URL 2007/03/05(Mon)21:21 編集
流架さんこんばんは!
いつもコメントありがとうございますv

>今回は耀次郎のセリフが余りに少なくてショボーン・・な感じでした・・
ほんとに一言しかなくて…主人公なのに!!耀次郎らしいですけどやっぱり複雑ですよね…(汗)

時間軸が変わるのは見てて、え?と思うこともあったり(苦笑)この辺の歴史あまり詳しくないのもあって余計に混乱します。
確かにいきなり過ぎ去っていた空白の時間は気になりますよね!

私も黒田さんには驚きました!黒田さんのせいで土方さんがピンチに!!
耀次郎が飛びすぎなのは、スザクの身体能力同様突っ込むところですよね!(笑)土方さんも内心突っ込んでいればいいと思います。

>赫乃丈が暴走しなければ良いですね・・(汗)
心配ですよね~(汗)最近の赫ちゃんは思い込んだら大暴走しそうな危うさが!耀次郎も再会しても近寄ってこなさそうですしね…どうなるんでしょう!?
手鞠歌も気になって仕方ないので、話数も残り少ないですしそろそろ明らかにして欲しいです。

それでは!
葉月  2007/03/07(Mon) 18:40
いよいよ、蝦夷の地ですね!
葉月さん、お久しぶりです。

☆手鞠歌
やっぱり?そう思いました。
幼い頃に一緒に過ごしていたのは確定っぽいですよね。
姉弟までは思い浮かばなかったです。
確かに意味深な歌の内容です。

>時間軸
好みが分かれそうですよね。
ムニは大好きです。
多分、ムニの性格が素直じゃないから!

2重になったTBを修正をお願いします。
申し訳ないです。
ムニ枕 URL 2007/03/07(Wed)23:57 編集
こんばんは、ムニ枕さん!お久しぶりです。
ブログを拝見したら風邪を引かれていたようで…もう大丈夫ですか?
この時期は体調崩しやすいですしお大事にして下さい!

>幼い頃に一緒に過ごしていたのは確定っぽいですよね。
そんな感じですよね!時々出てくる手鞠歌が意味深です。姉弟っていうのは考えすぎかな~とも思うんですけどね(汗)歌詞が後半に入ると凄く怖い内容になるのも気になります!

時間軸は…きっと私の理解力が足りないのが大きな原因ですきっと!(笑)
>多分、ムニの性格が素直じゃないから!
そうなんですか!?私もかなり素直じゃない捻くれた性格をしていると思うので…やっぱり私の理解力の問題?(笑)

TBは修正しておきましたのでどうかお気になさらないで下さいませ!
葉月  2007/03/09(Wed) 00:29
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「幕末機関説いろはにほへと」第21話
第二十一話「海峡渡る」(3月16日正午まで配信)共和国軍海軍奉行・荒井郁之助は横浜にてひとりの男と接触を図る。旧薩摩藩士・黒田了介。東征軍参謀を務める彼が提示したのは、最新鋭軍艦「ストーンウォール号」ともどもの共和国への亡命であった!いぶかしがる蒼鉄。...
URL 2007/03/05(Mon)05:12:16
幕末機関説 いろはにほへと 第21話「海峡を渡る」
「蝦夷共和国討伐隊総督 黒田了介さん」 黒田さん登場っ!!! ・・・で、コレが今回唯一の耀次郎のセリフ・・・ 今回はいつもに増して無口でした(苦笑) 「まさか君が生きていたとはな」 土方さんとも再会っ! 本日より第21
URL 2007/03/05(Mon)21:21:18
「幕末機関説 いろはにほへと」 第21話「海峡渡る」
蝦夷へ”永遠の刺客”を・・・
URL 2007/03/07(Wed)23:47:22
「幕末機関説 いろはにほへと」 第二十一話「海峡渡る」
 最新鋭艦ストーンウォール号を手みやげに、蝦夷共和国に投降せんとする薩摩の黒田了
URL 2007/03/08(Thu)01:01:35
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
葉月
性別:
女性
職業:
マイペースな社会人
趣味:
読書
自己紹介:
漫画と小説とアニメが好きなどこにでもいそうな社会人です。
ここでは本とかアニメとか映画とかその他色々自分の好きなものについて語っていけたら幸せだなぁと思います。
現在のブームはおお振り!!
リンクフリーです!ご連絡頂けましたらよろこんでお伺いします♪
最新CM
[04/07 かすみ]
[02/09 ゅぅゃ]
[09/20 流架]
[05/23 流架]
[05/04 流架]
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright © 『月の気球』 All Rights Reserved

Template by ゆうじ

忍者ブログ [PR]